支援者向けの機能

学習記録閲覧システム

長期間の学習において、施設の研修担当者や日本語教師などからの励まし・アドバイスは大切ですが、そのためには候補者の学習状況を知る必要があります。そこで、かいごのご!では、候補者の学習状況(クイズをいつ何問取り組んだか、科目ごとの進捗はどうかなど)を、支援者がPCやスマートフォンから手軽に確認できる仕組みを開発しました。

候補者の学習状況を他の人が確認する方法は、2つ用意されています。

1つは、同じように学ぶ候補者同士を対象としたものです。候補者アカウントは、友達申請を経て「つながる」ことができます。つながったアカウント同士では学習状況を共有でき、互いに励ましあって学ぶことができます。

もう1つは、候補者の周囲の支援者(所属施設のスタッフや、学習をサポートする日本語教師など)を対象としたものです。支援者には、候補者用とは別に、支援者アカウントが用意されています。この支援者アカウントを通じて候補者と「つながる」ことで、支援者は特定の候補者の学習記録を確認することができます。また、候補者には個別にメッセージを送れるようになります。支援側が、候補者の学習状況に対して声がけしやすくなるようデザインされています。

所属施設の契約が必要

支援者アカウントの発行・利用は無料ですが、閲覧者を「候補者の所属する施設スタッフ」あるいは「施設が許可している外部の日本語教師など」に限定するために、施設ごとに利用契約を結んでいただくことをお願いしています。そして、施設の担当者が承認した支援者アカウントのみが、その施設の候補者アカウントの学習記録を共有できるような仕組みにしています。

利用契約に必要な手続き、および利用料金については「利用の流れ」「利用料金」をごらんください。